シノケングループ 株価が急騰 年初来高値へ

シノケングループ 株価が急騰 年初来高値へ

宜しければご一読前に応援お願い致します。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ

米中摩擦の後退観測により、日経平均も少し上がってきています。

しかしながら、実態はまだまだ不明瞭で乱高下が続いていますね。

さて、私が最近注目しているのが「シノケングループ(シノケンG:8909)」です。

シノケングループとは

投資用不動産販売や不動産賃貸管理を主に行っているグループ企業体です。

ここ数年世間を賑わした「シェアハウス問題」「融資資料の偽造問題」「レオパレスの構造偽装問題」などにより、不動産投資自体のイメージが悪くなり、シノケングループも一部週刊誌で二重契約問題なども発覚し、不正融資をさせたのではないか?との疑惑も持たれたことから、株価が思わしくありません。

不動産投資は主に「マンション」「戸建」「アパート」などに分類されます。

更に、「新築」「中古」に分類され、「マンション」の場合は「一棟」「区分所有」に分類されます。

シノケングループが得意としているのは「新築」「アパート」投資ですね。

年収700万円からのアパート投資と言うキャッチフレーズは、インターネットの広告などでも見かけることがあります。

芸人のコウメ太夫さんがアパート投資をしているのは有名な?話ですが、コウメ太夫さんも売れていた際にアパート経営をしたことで、現在も不労所得を得ることができ、生活にもゆとりがあるとお話をされています。

不動産投資を活用したセミリタイアが可能か、考察させていただいた記事です。宜しければご覧ください。

不動産投資の活用について セミリタイアへの考察

不動産投資は怪しいイメージもありますが、銀行が融資をしてくれるほど、リスクは意外と高くない投資商品だと思います。

株式投資をするので銀行に融資を申し込んでも100%断られます。

FX(為替取引)、仮想通貨取引も同様です。

ただ、不動産投資は、フルローン(今は厳しい環境ですが)を組むことも条件によっては可能です。

最近は老後2000万円不足議論もあり、年金代わりになる、生命保険代わりになる、収入保障になると言うことから、同社の注目度が上がってきています。

同社の株価は昨年1,997円(2018年7月30日)を境に、先程ご説明したニュースにより不動産業界に対する不信感が高まり、株価は下落。

2018年12月25日には何とおよそ3分の1となる630円まで下落しました。

私はたまたま底値付近で購入することができましたので、つい先日も配当金をいただくことができました。

現在の株価は920円前後となっており、世間の不信感も溶け(逆に世間に見られているので今はコンプライアンス含めしっかりして来ていると思います)これから上昇の可能性が高いと思っています。

配当金も100株で1500円ですのでそれなりです。

リスクは個人管理をいただく必要がありますが、不動産業界には頑張って欲しいと思っています。

目指せ、2000円!!

お役に立てれば幸いです。ご購読ありがとうございました。

宜しければ応援をお願い致します。

ランキング急上昇中です♪

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ

(ホームページトップへ)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。