65歳定年 企業年金 改革競う

65歳定年 企業年金 改革競う

宜しければご一読前に応援お願い致します。


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

定年延長を受けて企業年金の改革が相次いでいる。焦点は年金の給付額をどう設定するかで、(1)水準を引き上げる「拡充型」(2)60歳時点から横ばいとする「据え置き型」(3)全体の増え方をなだらかにする「修正型」――の3つに大別できる。経験値の高さが生きやすいビジネスかどうかなどの違いで、従業員にどれだけ長く働いてもらいたいかは企業ごとにばらつきがあり、それが年金改革に幅をもたらしている。
2013年に施行された改正高年齢者雇用安定法により、企業は希望する従業員の継続雇用を義務付けられた。雇用を確保すべき年齢は60歳から65歳まで段階的に引き上げられる。一般的に定年延長の方が再雇用よりも給与水準は高くなり、これに合わせて年金制度も一体的に見直す企業が多い。
三菱UFJ信託銀行と三菱UFJリサーチ&コンサルティングが5月にまとめた調査では、同行と取引がある企業のうち45%が年金・退職金制度の変更を検討していることが分かった。
拡充型を選んだのは大和ハウス工業や日本ガイシなどだ。あらかじめ決まった算定式に基づいて支払う確定給付年金(DB)の仕組みを変えた。DBの場合、給付額は勤続年数や職能に応じて年々上がり、これを旧定年から新定年までの期間も続ける。企業の負担は増す半面、シニア層が働き続ける意欲を保つ効果が大きい。「培った知見や築いた顧客人脈などを若い世代にしっかりと引き継いでもらうことを期待している」と大和ハウスは説明する。
第2の選択肢である据え置き型は、給付額を旧定年の60歳時点で固定する一方、支払いを始めるタイミングは新定年の時期まで先延ばしにすることが多い。この方式にしたサントリーホールディングスは「60歳以降も活躍してもらいたいが、60歳で退職するという個人の選択肢も妨げないため」と説明する。
60歳未満も含めて給付額の積み上げペースを従来よりもなだらかにするのが修正型だ。定年を延長しても、人件費の膨張を抑えられるメリットがある。
王子ホールディングスではグループ10社の定年を65歳に延長。これに合わせて60~65歳の給与水準を、60歳以降は再雇用としていた時期より5割増やし、その一方で年金の給付額はやや抑制した。給付額がピークとなる時期をこれまでの60歳から新定年である65歳にシフトした。
東洋インキSCホールディングスは定年の時期を2014年と18年の2段階で引き上げ、60歳から65歳に延ばした。60歳以降の給与は再雇用時に比べて年間で約150万円増やした。一方、DBは世間の水準も踏まえて全従業員で調整して、100万円程度を圧縮。給与を増やすための原資に充てた。
退職時一時金をローン返済資金などのあてにしている従業員もいる。このため、農業機械メーカーのタカキタは18年に定年を延長したのに合わせ、「従業員の不利益にならないよう」、年金の支給開始時期は60歳のまま据え置いた。

お役に立てれば幸いです。

ご購読ありがとうございました。


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

40代の資産運用(ブログを始めます)

当ブログでは40代のサラリーマンがお小遣いをどこまで運用やポイントサイト、日々の節約により増やせるか?

について、徒然無いままに日記形式で公開して行きたいと思います。

「40代の資産運用(Asset management in the 40’s)」

2018年2月7日時点のプロフィール、ブログ開設した動機、資産状況について公開させていただきます。

何分にも素人なので、文才はありませんがお付き合いください。

<簡単なプロフィール>

年齢は40代、しがないサラリーマン、お小遣いは4万円(年収48万円)、タバコは吸わない、お酒は好きだが体調管理のため少し節制、携帯料金は小遣いの中から支払、スーツや私服など身の回り品は妻が買ってくれるが無駄なものは小遣いから購入

<ブログを始めようと思い立った理由>

財布は完全に妻に握られており、自身が自由に出来るお金がなく、給料日前になると財布とにらめっこしている毎日が悲しくなり、数年前から少ない金額からではあるものの、投資、ポイントサイトの活用などをすることにより、遂に200万円の資金を達成しました。

200万円の達成を機に、これからこの資産(お小遣い)をどのように運用して行くかをブログに残して行きたいと思った次第です。

また、ブログは書いたことがなく、また当然ながらパソコン知識も少ないことから準備に思ったより時間がかかりました。

無料ブログが良いの?有料ブログ?サーバー?ドメイン?

全てが勉強でした。

ようやくここまで辿り着きましたので、少しずつではありますが世の多くのサラリーマンの皆さんに参考になればと思います。

<資産状況> 2018年2月7日

流動資産

手持金額   23,000円

銀行口座A 755,882円

銀行口座B 120,603円

資産合計 899,485円

各種投資(本日時点の評価額)

アイネットFX 1,011,082円

HYPERFX(SBI)   181,620円

SBIFXトレード  190,745円

FX合計   1,383,447円

その他(ポイントサイト、メルカリを活用した断捨離)

ポイントサイト(未反映) 27,000円(クレジットカード2枚+FX口座開設)

メルカリ(出金手続き中) 20,260円(不用品の断捨離)

ローソンポイント 0P(2月11日反映予定)

※リクルートカードプラスカードでローソンポイントを貯めています

その他合計 47,260円

負債関連

クレジットカードローン残高 240,000円(ローソンポイント4,800円換算)

上記を合算すると 2,090,192円+ローソンポイント未反映

最近は円高進行により少しFXがプラスになっています。

上記を見ていただいてわかると思いますが、私の運用は

FXによる運用

ポイントサイトや断捨離、クレジットカードポイントによる小遣い稼ぎ

が現在の主な運用です。

今年は、上記に加えて、ソーシャルレンディングや株式投資(NISA)なども活用したいと思います。

(ホームページトップへ)

宜しければ応援お願い致します。


サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。