欧州外為早朝 ポンド下落 「合意なき離脱」警戒

欧州外為早朝 ポンド下落 「合意なき離脱」警戒

23日早朝のロンドン外国為替市場でポンドは対ドルで下落している。英国時間8時時点は1ポンド=1.2440~50ドルと前日16時時点に比べ0.0050ドルのポンド安・ドル高だった。23日に結果が発表される英与党・保守党の党首選では、ボリス・ジョンソン氏が勝利するとの見方が多い。ジョンソン氏は「合意なき離脱」も辞さない姿勢を示す。英国が無秩序にEUから離れれば、経済が混乱しかねないとの懸念から売りが優勢となっている。

ユーロも対ドルで下げて始まった。英国時間8時時点は1ユーロ=1.1180~90ドルと前日16時時点に比べ0.0040ドルのユーロ安・ドル高だった。欧州中央銀行(ECB)が25日の定例理事会で金融緩和への道筋を示すとの見方がユーロの重荷になっている。

ブログトップへ

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。