<マザーズ>JIAが1カ月ぶり安値 TATERU子会社の取得を中止

<マザーズ>JIAが1カ月ぶり安値 TATERU子会社の取得を中止

航空機リースのJIAが続落している。一時、配当の権利落ちを考慮した基準値比で54円(3.0%)安の1741円まで下落し、5月16日以来約1カ月ぶりの安値を付けた。25日に、TATERU(1部、1435)の連結子会社で不動産投資コンサルティングのインベストオンライン(東京・新宿)の株式80%をTATERUから取得する契約を解除したと発表した。経営多角化の不調として、市場では売り材料視されているもようだ。

不動産関連事業への展開を進める上で相乗効果が期待できるとして、3月にインベストオンライン株の譲渡契約を結んでいた。ただ子会社化後の経営方針などを巡り、3社の間での相違を解消することができず、取得を中止したという。エース経済研究所の岸和夫アナリストは「JIAは主力のリース事業の規模が大きく、今回の買収中止が業績に与える影響は小さいだろう」として「きょうは相場全体で取引材料に欠けるなか、子会社化中止発表が売りのきっかけにされた面が大きい」と指摘した。

ブログトップへ

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。