あいおいニッセイ 被災規模予測 サイトを無償公開

あいおいニッセイ 被災規模予測 サイトを無償公開

あいおいニッセイ同和損害保険は17日、台風や地震など自然災害のときに地域別の被災建物数をリアルタイムで予測するウェブサイトを開設したと発表した。過去の支払保険金のデータを活用することで、災害が起きたときに市区町村別に何棟の建物が被害を受ける可能性があるかを試算する。地方自治体の被災規模の早期把握などに役立ててもらう。
横浜国立大学、再保険仲介のエーオンベンフィールドジャパン(東京・千代田)と共同開発した。あいおいニッセイ同和損保によると、リアルタイムの被災予測をウェブサイト上に無償公開するのは業界で初めて。

ブログトップへ

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。