軽自動車 携帯感覚でリース 年20万円

軽自動車 携帯感覚でリース 年20万円

自動車販売のガリレオコーポレーション(松山市)は年間20万円程度で新車の軽自動車を3年間、マイカーのように使えるリース事業を始める。走行距離が月500キロメートルを超えると追加料金が発生するが、3年後に「車種変更」できるなど携帯電話に似た使い勝手が特徴。買い物など短距離の利用頻度が高い主婦層を中心に初年度500台の契約を目指す。
同社が始めるリース事業「軽貸(けいたい)カー ケイカス」は自動車メーカーの新車保証が適用される3年間、新車の軽自動車を利用できる。第1弾としてスズキの人気車種「ハスラー」を対象に申し込みの受け付けを始めた。今夏には対象を国内全メーカーの全車種に広げる方針だ。
ハスラーの場合、基本料金は税別で年間11万8800円。年2回、3万円のボーナス払いを利用すると月額4900円となる。使用料は全車種一律、月額5000円で、毎月の負担額は9900円となる。走行距離が500キロメートルを超えると1キロメートル当たり10円の追加料金が発生する。
基本料金には新車登録時手数料や自動車税、自賠責保険料、オイル交換費用などが含まれており車種ごとに設定する。ハスラーを新車で購入すると、各種手数料や自賠責保険料などを合わせた負担額は130万円ほどになるという。ケイカスによるリース契約の支払総額は3年間で60万円程度と任意保険料などを除くと新車購入のほぼ半額となる。
契約満了時には、別の新車で3年のリース契約に更新できる。3年未満で解約する場合には、ガリレオコーポがそれまでの利用状況などを踏まえて下取りした場合の価格を査定し、契約時に設定した「残存価格」を下回った場合には、その差額を支払う。
同じ車を4年目以降も継続利用したい場合は再リース契約を結ぶことになるが、車体価値が下がり維持費もかさむため月々の使用料は高くなる。このため、3年での乗り換えを基本とする。
同社の森益伸会長によれば「買い物や子どもの送迎に利用する主婦の月間平均走行距離は500キロ弱」。カーシェアリングは地方ではまだ拠点が少なく、利便性で大都市圏に劣り、浸透しているとはいえない。自宅近くで自由に使える低額リースの強みを生かし、「セカンドカー需要を開拓したい」(森会長)考えだ。
リース市場の拡大が追い風
ガリレオコーポレーションではリース対象の全車を、専用の通信機器を取り付けたコネクテッドカーとし、リアルタイムで所在地や走行距離を把握する。利用者もスマートフォンの専用アプリで消耗品の交換時期や燃費などが確認できる。
同社ではコネクテッドカーをベースにワンオーナーで低走行距離の中古車の安定調達が見込める新たな事業として、ビジネスモデル特許を出願。中古車販売と並ぶ収益の柱に育てる狙いだ。
国内リース市場の拡大が追い風となる。日本自動車リース協会連合会(東京・港)によると、2019年3月末時点の国内の個人向けリース車保有台数は約30万8000台。18年から約2割増え、09年の2倍以上だ。
同社では年間20万円ほどとケイカスと同水準の負担で7年間、利用できるリース商品を扱っており、月30台ほどの契約がある。今回の「ケイカス」でも5月に利用の申し込み受け付けを始めたところ、すでに引き合いがきており、今夏の全車種対象を前に滑り出しは上々だという。(棗田将吾)
ガリレオコーポレーション 1977年創業で、松山市周辺で軽自動車の新車・中古車の販売店4店や整備工場を展開する。軽自動車の未使用車の品ぞろえ充実や、任意の自動車保険と車検の需要も一体で取り込む戦略で売り上げを伸ばしている。19年10月期は前期比14%増の売上高28億円を見込む。従業員は75人。

ブログトップへ

#カーシェア #格安 #20万円 #リース #軽自動車

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。