マンションの中古を千葉で買いたい。地域性や主な地区の相場まとめ

マンションの中古を千葉で買いたい。地域性や主な地区の相場まとめ

中古マンションの購入を考えるときに把握しておかなければいけないことが2つあります。それは、交通の便や商業施設の「地域面」と家賃や初期費用などの「金銭面」です。この2つに焦点を絞り、千葉県の中古マンションについて解説していきます。


中古マンションを見るときのポイント

中古マンションは、新築マンションを見るときに比べて、より綿密な下調べが必要です。

新築マンションはそれ以前に誰も住んでいないため、カタログの内容や不動産の担当の方から話を聞けば良いですが、中古マンションの場合、別の人が住んでいたため、実際に物件を見てみなければ分からないことがあります。

そんな中古マンションを見るときのポイントを紹介します。

修繕履歴から修繕積立金を調べる

中古マンションでは、今までどこを修繕したのかが記された「修繕履歴」や修繕のための診断や工事の費用に充てられる「修繕積立金」というものが存在します。

少しでも良いと思った物件では仲介担当者にお願いして、必ず見せてもらうようにしましょう。

修繕履歴では、どこを修繕したのかを確認し、実際に現状を確認します。また、修繕積立金は毎月積み立てるお金なので、相場感なども含め、仲介担当者に相談すると良いでしょう。

管理規約から入居条件を確認

「利用規約」は、入居するに当たって、守らなければならない条件のようなものです。

利用規約には、ペット禁止・室内禁煙・音楽、掃除機の時間規定・リフォームに関する規定などがあります。

しっかり確認しなかったために、管理会社や管理人と揉めごとにつながる場合もありますので、必ず確認するようにしましょう。

内見のときのポイント

「内見」とは、物件の購入前に物件の下見をすることです。内見をおろそかにすると、住み始めた後に思わぬ不備や修繕が必要な箇所を見つけてしまい、損をする可能性があります。 内見の際には必ず、以下の箇所を注視しましょう。

  • 目に入る範囲でヒビがあるか
  • 自転車乗り場やごみ出し場は清潔か
  • 外からの騒音はあるか
  • 近隣住民からの被害が予想できるか
  • 確認が難しい箇所は仲介担当者や売り主、管理人に確認を取りましょう。

千葉の地域性

image

居住地の地域性は知っておきたいところです。千葉県は関東の中でも東に位置し、港や工場も多く、工業が盛んです。

また、東京都の地価相場や物件相場が上昇していることから、比較的東京への利便性の高い千葉県が人気になってきました。

さらに、東京ディズニーランドなど、多くの人が集まる施設も多く、現在では盛り上がりを見せています。そんな千葉の地理についてや生活情報について紹介します。

地理について

千葉県は日本列島の東部の太平洋沿いに位置していて、さまざまな地理的資産があります。

また、千葉県内は広く、その温暖な気候から人口も上昇中です。東京都からも近いため、物流の面でもインフラは徹底されています。

国内屈指の人気観光スポットである東京ディズニーリゾートも千葉県に位置しています。最寄り駅の舞浜駅は休日平日共に利用者数が県内の主要駅と比べても2倍以上です。

成田国際空港も千葉県内に位置し、日本と海外をつなぐ空の港として活躍しています。

生活情報について

千葉県はJR・京成線・東京メトロ・千葉都市モノレールなど、多くの鉄道が走っています。比較的、地域の高低差が無く、細かく鉄道が張り巡らされています。

東京都も隣接していることから電車の本数も多く、人気の高い地域です。

また、2011年の東日本大震災の教訓を踏まえ、千葉県では津波避難用の建物を指定(津波避難ビルの指定、既存ビルがない場合には津波避難タワーの整備)し、避難速報のメール配信もしています。

千葉の不動産市場

image

千葉県の不動産市場も近年では徐々に上がってきています。

特に、東京ディズニーリゾートのある浦安市の物件相場は2017年以降上昇しています。2016年における中古物件売買価格の中央値は4,790万円でしたが、2017年は5,580万円となりました。2018年9月時点では5,280万と少し下降しています(以下、価格はいずれもRenosy独自調べ)。柏市も2017年以降上昇し、習志野市は2018年から上昇を示しています。

しかし、東京都や神奈川県に比べると比較的中古マンションの相場が低く、手ごろな物件も多いです。そんな千葉県の平均価格をご紹介します。

売買価格の中央値の動向

平均価格では売買価格に高額な物件が含まれていると平均値に影響を与えてしまうため、ここでは「中央値」でみていきます。中央値は、売買価格のちょうど真ん中に位置する価格です。

2018年9月時点での千葉県市川市の売買価格の中央値は3,350万円です。この価格は前年よりも低く、2016年に近い中央値です。

柏市は、2017年に4,250万円でした。2018年9月時点で3,980万円となっています。お隣の我孫子市は、2017年から上昇して2018年9月時点では2,980万円となっています。

千葉市美浜区では2016年から上昇が続いており、2018年9月時点では2,980万円となっています。

人気エリアの価格相場

image

太平洋側の地域は比較的人口が少なく、利便性も低くなってしまいますが、西側の地域は東京都と隣接していることから、千葉県に住まいを置き、東京へ出勤する人も多いです。

また、その中でも千葉県の中古マンション物件で注目を集めているのは、千葉市中央区・千葉駅近辺・千葉ニュータウン中央駅近辺の3つです。その人気の理由と価格の相場をご紹介します。

千葉市中央区

中央区には千葉県と千葉市の行政機関が集まっている地域です。平坦な地形で住宅街が並び、千葉市内では一番人口が多く、住みやすいと人気があります。

鉄道などの交通の便も良く、JR総武線・内房線・外房線などの駅が細かく位置しています。

また、中央区の中古マンション売買価格の中央値は平均相場は約2,850万円で、2015年~2017年は上昇していましたが、2018年9月時点では少し下降しています。

千葉駅近辺

千葉駅は中央区内の駅で、周辺にはビルやショッピングモール、ファストフード店が多く並び、千葉県内で一番利用者数が一番多い駅です。

また、鉄道も千葉県内のどの方面にも伸び、広く巡っていて、中央区の人口の1/3は千葉駅周辺に集まっています。

千葉駅周辺の中古マンションの相場ですが、売買価格の中央値は2018年9月時点では1,750万円で、2017年に比較すると少し価格が落ち着いているようです

千葉ニュータウン中央駅近辺

千葉ニュータウン中央駅は千葉県印西市にある駅です。周辺には郵便局やスーパーがあり、また、成田国際空港への成田空港線があるため、全国から利用者が集まります。

しかし、千葉ニュータウン中央駅周辺の中古マンション売買価格の中央値は2,480万円、前年と比べると少し下降しています。

利便性が高く、周辺に商業施設や公的機関もあるので、住むには不自由の少ない地域です。

まとめ

中古マンションを購入する際には上記でみてきたような価格のみならず、下調べとして必ず一度は内見に行き、その気に入った物件の修繕履歴や管理規約を確認するようにしましょう。

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。