ロンドン株5日 反発 6カ月ぶり高値 資源株高い

ロンドン株5日 反発 6カ月ぶり高値 資源株高い

5日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は反発した。前日の終値に比べ44.93ポイント高の7446.87と、終値ベースで2018年10月上旬以来、約6カ月ぶりの高値で引けた。午後に上げ幅を広げた。構成銘柄の約6割が上昇した。
米中の貿易協議が合意に近づいているとの観測や、英国の欧州連合(EU)離脱期限の延長期待で、買いが優勢だった。資源株の値上がりが株価指数を押し上げた。
保険のプルーデンシャルの値上がりが目立った。前日に売られた航空機エンジンのロールス・ロイスは、アナリストが投資判断と株価目標を引き上げたことが好感され、買い戻された。
半面、時価総額の大きい携帯電話サービスのボーダフォン・グループの下げが大きくなった。住宅建設のバークリー・グループも下落した。

ブログトップへ

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。