日経平均大引け 反落 95円安 利益確定売りが優勢

日経平均大引け 反落 95円安 利益確定売りが優勢

5日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落し、大引けは前日比95円76銭(0.44%)安の2万1726円28銭だった。前日の米株式相場の下落や世界景気の先行き懸念を背景に、半導体関連やハイテクといった景気敏感株が利益確定売りに押された。一方、日銀の上場投資信託(ETF)買いへの思惑は相場全体の下値を支えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆252億円(速報ベース)だった。

ブログトップへ

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。