レオパレス調査 国に監視求める 被害者の会

レオパレス調査 国に監視求める 被害者の会

建築基準法違反の疑いがあるレオパレス21のアパートが新たに見つかった問題で、アパート所有者らでつくる「レオパレス違法建築被害者の会」が12日、記者会見し、国土交通省と金融庁の担当者と面会し、同社によるアパートの調査や修繕が適切に実施されるよう国が監視することを求めたことを明らかにした。
前田和彦会長は入居者に対し「不安と不自由を掛けていることを、アパート所有者を代表して心より陳謝する」と述べ、「問題を明らかにし、入居者の人命を守ることが責任」と語った。

ブログトップへ

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。