新興株前引け ジャスダック マザーズ大幅続伸 主力株に資金戻る

新興株前引け ジャスダック マザーズ大幅続伸 主力株に資金戻る

27日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は大幅に続伸した。前引けは前日比102円88銭(3.33%)高の3193円32銭だった。休場明け26日の米株式相場が大幅に反発し、投資家心理がやや改善。日経ジャスダック平均は25日までの7日続落で1割あまり下げていたこともあり、時価総額の大きな主力株を中心に下値を拾う動きが続いた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で246億円、売買高は4793万株。マクドナルドやセリア、テリロジーが上昇した。半面、医療機関手配サービスのEAJや大塚家具、画像処理のイメージワンは下落した。

東証マザーズ指数も大幅に続伸した。前引けは前日比46.82ポイント(6.03%)高の822.67と、3営業日ぶりに節目の800を上回った。サンバイオやALBERT、メルカリが上昇した。一方、土壌汚染対策工事のエンバイオHや駐車場運営のトラストHDは下落した。最近上場のリンクやベルトラも軟調だった。

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。