FIREムーブメント 早期リタイアのメリット・デメリット

FIREムーブメント 早期リタイアのメリット・デメリット

11月下旬となり、2021年も残すところ1ヶ月強となりました。

新型コロナの感染拡大で自粛生活が続く中で、今年こそは投資をと考えていらっしゃった方も多いと思いますが、今年も終わろうとしている現在、皆さんの投資進捗はいかがでしょうか。

日本では自民党が圧勝し、新型コロナも日本国内では収束の兆しが見え始めています。

一方、諸外国では新型コロナの感染拡大は止まりませんし、アメリカではデフォルトのリスク、中国では大手不動産会社のデフォルトなど、話題が絶えませんね。

一方で、金融相場は大きな下落もなく、米国株式相場も過去最高水準を更新し続けており、昨今の社会情勢で不自由な生活を強いられている人も多いと思いますが、金融相場の上昇が続くことで、2022年以降、FIREムーブメントが起こる可能性が高いと思います。

皆さんは、FIRE(Financial Independence Retire Early:経済的に独立して早期退職)と言う言葉をご存知でしょうか。

★民間企業の冬のボーナス減少 平均給与も大幅減

民間企業の冬のボーナス減少 平均給与も大幅減 冬のボーナスの時期が近づいて来ましたが、先日のニュースをご覧になられた方は驚かれたのでは無い...

ブログランキングに参加しています。応援お願い致します。

(以下バナーをクリックいただけると励みになります)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング

FIREムーブメントについて

今の世の中では、ストレスフルな社会と別れを告げる若者、中年層が増えているのをご存知でしょうか。

働き方改革、IOT、AIの活用により「働かなくていい未来」が見え隠れしている現在ですが、海外では20代、30代でリタイアするムーブメントが注目を集めており、日本国内でも日本版FIREとして30代でアーリーリタイアもしくはセミリタイア(サイドFIRE)する人も増えてきました。

FIREと言うと「解雇」と言う意味だと考えてしまう「読者」の方は、会社でストレスを感じていらっしゃると思います。

私もその一人ですから。

FIREとは「FIRE(Financial Independence, Retire Early:経済的に独立して早期退職)」の頭文字を取ったものです。

若い方だけでなく、私世代のアラフォーサラリーマンにもとても参考になると思いますので、ご紹介させていただきます。

FIREへの第一歩

FIRE(経済的に独立して早期退職)を実現するためにまず取組む必要があることについてご紹介します。

若い内に徹底した資産管理を行い、無駄遣いを無くし資金を稼ぐことだそうです。

海外のソフトウェアエンジニアの方は、30歳で20万ドルの家と60万ドルの現金を貯めたそうです。

凄いですよね。

投資などをしていたか定かではありませんが、日本円に換算すると以下のとおりとなります。

2,140万円の家と6,420万円の資産です。

この方は、この6,420万円の流動資金を4%の利回りで運用し続けることで安定的な生活が可能と考えたとのことです。

単純計算ですが「6,420万円 →  4% 256.8万円 」となりますね。

若干不足しそうですが、節約し家がある訳ですから生活は可能でしょう。

また、その経験をブログで広めたら共感を呼び、収入を補うこともできていると言う副業的な要素はあるようですね。

FIREのその後

FIRE(アーリーリタイア)するために必要な貯蓄は、年間支出の約25倍だそうです。

先ほどの方は、車も持たず、家も安い地域でつましく暮らしていたので、3人家族で年約260万円もあれば生活するのには十分だったそうです。

そう考えると、60万ドル貯めれば生活ができると言うことになりますね。

アーリーリタイアは必ずしも悠々自適な贅沢ライフではなく、自分の時間、自分の人生を自分で決めたいという思いが強いのが特徴のようですね。

永久就職の概念自体が過去のものになって来ているのは特に海外は進んでいるのかもしれません。

昇進レース、昇給の心配、住宅ローン、過労など、私も会社人生半分も終わっていませんので、いつまで働き続けるのか考えどころだと思います。

一つの考え方としてはFIREと言う考え方はありだと思います。

日本には公的年金制度もありますので、20代から固定費の削減、運用を始めれば30代から40代にはFIRE、もしくはセミリタイアをすることが出来るかもしれません。

一方で、私の父はサラリーマン定年後も、仕事を求め現役時代の数分の1の収入で労働を継続しています。
暇な時間に耐えられないようで、身体の動く限りは労働を継続するそうです。
価値観により異なると思いますが、FIREと言う考え方が合う方には良い時代がきたのかも知れません。
私はFIREと言う価値観が合っていると確信しており、これからも支出の最適化並びに、投資を継続し早期のFIREもしくはサイドFIREを目指したいと思います。

ブログランキングに参加しています。応援お願い致します。

(以下バナーをクリックいただけると励みになります)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング

参考になれば幸いです。

こちらのnorikiart(ノリキアート)さんの不動産投資の収支公開動画はとても参考になりました。FIREされるそうですね。

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。