会社を早期退職制度を利用して去って行く人の心境

会社を早期退職制度を利用して去って行く人の心境

企業の業績は2分化され(K字と表現するケースもあるようです)、コロナ禍で売り上げを増やしている業種もあれば、減少しているケースもあります。

そんな中、企業としては経常費の削減、業務効率化の一つとして「早期退職」を募集するケースが増えて来ています。

私の勤務先にも早期退職制度があり、40代以降の社員が退職するケースがあります。

どのような心境で退職されるのでしょうか。

さて、私の世代は就職氷河期世代もしくは、団塊の世代ジュニアと呼ばれる世代ですが、バブル景気やバブル世代と言う言葉を知らない方も多くなって来たのでは無いでしょうか。

例えば、先のバブル世代とは、概ね1988年から1992年に就職活動をし入社した世代を指す言葉です。

私の勤務先でもこの世代の方の人口分布が多く、早期退職制度などは狙い撃ちしたかのような内容になっていますし、役職定年制度を導入している企業は多く、50代半ばからは給与が急激に減少して行く仕組みとなっています。

特に人口が多い、バブル世代が早期退職制度の対象となり、多少の割増賃金をもらい退職される方が私の周囲にも急に多くなって来ました。

一方で、我々就職氷河期世代もいよいよ早期退職制度の対象となり始めてきたようです。

★70歳まで働く時代は目前 今準備すること

70歳まで働く時代は目前 今準備すること 私の両親の世代は55最低年でしたが、今は65歳定年が一般的となりつつあります。 ま...

ブログランキングに参加しています。応援お願い致します。

(以下バナーをクリックいただけると励みになります)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング

氷河期世代の退職日

一般的には3月末退職と言うのが早期退職制度のルールなのですが、多くの人は有給休暇を消化し、2月末頃に最終出社日を迎える人が多くいます。

私の同僚も毎年退職する人間が増えていますが、大体が3月31日か2月末頃が多いように思います。

昨年退職した同期は早期退職制度を利用した訳ではなく、今後の就職先は清掃業のようです。

今勤めている業種とは全く異なる業種でセカンドキャリアへチャレンジするようですね。

コロナ禍の就職事情

他の同期では、同期ではあるものの私より年齢が上であるため早期退職制度の対象となり、割増退職金を受け取り、しばらくはゆっくりしてから家業を継ぐと言う人もいました。

ストレスフルな今の仕事を離れ、家業を継ぐことを選択したようです。

一方でそれなりに割増退職金も受け取れますので、当面は好きなことをして気楽に過ごすようです。

就職活動もしたようですが、やはりコロナ禍で40代のサラリーマンとなるとなかなか厳しいようで、諦めたと言う話を聞きました。

家業がある家は良いですよね。私は両親もサラリーマンで戻る家業はありません。

氷河期世代に対する会社への評価とは

どんどん退職していく氷河期世代の同期を見て感じることは、自分は特別、会社のために頑張ったと言う考えは多くのサラリーマンが持っているものだと思いますが、実際は大きな乖離があるのかも知れません。

退職をし他業種や家業に戻れるのは幸せで、一定割合の同期は体調を崩したり、精神的に病み退職した同期も多くいます。

会社へ依存せず、期待もせず、自分自身一度切りの人生を楽しもうと感じた瞬間でした。

<ブログランキングに参加しています・応援お願い致します>

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村

マンションの情報なら住まいサーフィンを有効活用(登録無料)

ご自身所有のマイホームの現在の価格はいくらなのでしょうか。

また、これから新築、中古マンションを購入検討されている方、口コミや地域の情報をスコア方式で確認することが可能です。

新築、中古マンションの価格妥当性がわかる【住まいサーフィン】


アーリーリタイアを目指す方へご紹介

FIREとは「FIRE(Financial Independence, Retire Early:経済的に独立して早期退職)」の頭文字を取ったものです。

こちらの本に詳しく載っています。

私が投資により真剣に取組むきっかけとなった、FIREについてとても分かりやすく記載されています。

特に、若い方にはとても参考になると思いますので、ご紹介させていただきます。

FIRE 最強の早期リタイア術――最速でお金から自由になれる究極メソッド

投資に悩んだらこちら!ロボアドバイザーのウェルスナビです

私がFX投資で大失敗をし、絶望の中見付けた、地味ですが確実に資産を増やすことができる自動積立投資サービスです。

忙しく、投資に割く時間がない方にオススメです。

当ブログでも運用状況を公表していますので宜しければご覧ください。

米国株ETF(VTI)投資 ウェルスナビ の実績報告 No.040 1ヶ月半振りのウェルスナビ の実績公開をさせていただきます。 ...

今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」

最後に ブログランキングに参加しています

応援いただけると励みになります。

(以下バナーをクリックいただけると励みになります)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。