為替情報 英ポンド 1年半ぶり安値

為替情報 英ポンド 1年半ぶり安値

10日のロンドン外国為替市場で英通貨ポンドが売られた。一時1ポンド=1・26ドル近くまで下げ、対ドルで2017年6月以来約1年半ぶりの安値水準となった。前週末は1・27ドル台前半だった。
同日の債券市場では比較的安全な資産とされる英国債が買われ、10年物利回りは一時1・21%台で8月以来の水準に低下(債券価格は上昇)した。
英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、メイ英首相が11日の議会下院での離脱案採決を見送ると伝わった。「合意なし離脱」の回避に向けた不透明感の高まりが嫌われた。
大方の市場関係者は11日の離脱案の否決を織り込み済みだった。直前に採決が中止になる事態に「メイ政権が八方ふさがりだとの懸念が深まった」(在英邦銀の運用担当者)との声が出ている。

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。