人生戦略 70歳まで働く時代は目前に迫る

人生戦略 70歳まで働く時代は目前に迫る

今年の4月(2021年4月)から企業に課される「70歳就業法」が始まります。

この法改正によって企業には「希望する社員」に対して、70歳まで就業することができるようにする「努力義務」が課されるようになります。

まずは、今までの「高年齢者雇用安定法」について確認をしていきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。応援お願い致します。

(以下バナーをクリックいただけると励みになります)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング

40代で早期リタイア FIREムーブメントの流行 2021年も始まり、異次元の景気回復対策やステイホームの中、一部の富裕層ではお金が余りは...

FIRE 最強の早期リタイア術――最速でお金から自由になれる究極メソッド

高年齢者雇用安定法とは

・65歳までの再雇用

・65歳までの定年の引上げ

・定年制の廃止

このいずれかの実施を義務付けていました。

今回の改正により、65歳までとされていた内容が「70歳」へ延ばすことになります。

更には、以下の項目が選択肢として追加されます。

・他企業への再就職を支援

・フリーランスとして業務委託

・独立後に業務委託

・社会貢献事業への参加

今までは社内で雇用を継続するような流れがありましたが、いよいよ社外と言う選択肢を国も用意しだしたと言うことが言えます。

投資の夜明け サラリーマンでも自由になれる時代 私を含めた一般のサラリーマンは昔は55歳まで、少し前までは60歳、今は65歳が定年となりつ...

正社員として70歳まで働ける保証はない

先の改正により70歳までいまの会社で働ける保証は無く、あくまで働く先を準備すると言う内容になりそうです。

何れにしても、国としては70歳までの雇用をきちんと準備して、労働力を確保するようにと言うことを指示していることは明らかです。

また2025年(団塊の世代が75歳以上となる時代)には65歳までの継続雇用が完全に義務化されることになります。

厚生年金の受給開始も65歳以降となり、65歳までは働かなければならない時代がもう目前となります。

そんな中、給与を求めるより、継続雇用をしてもらえる安定した企業への転職活動がシニア層で始まっているようですね。

人生を変えるマインドセット 寝る前の新習慣 前回は「不労所得生活を実現するためのマインドセット」と言うタイトルで記事を書かせていただきまし...

働かないと言う選択肢

既に60歳を迎えると言う人で貯蓄や投資をして来なかった人は難しいかもしれませんが、30代、40代、50代前半であれば、まだ備えをすることは可能です。

私がお勧めする備えは「不動産投資」です。

それも「都心or大阪市北区」の「中古ワンルームマンション不動産投資」です。

米国株や日本株もキャピタルゲインを得ると言う意味では良いタイミングだと思いますが、老後の安定した収入を得る方法としては検討する余地があると思います。

私自身取り組んでいる「不動産投資」ですが、都内もしくは大阪市北区で完済したワンルームマンションを複数所有していれば、働かず収入を得ることが可能です。

その収入を60歳までに確保しておくことで65歳までの仕事についても選択肢が広がりますし、年金が減額された場合にも対応が可能です。

いかがだったでしょうか。

国は70歳までサラリーマンを低所得(年金+α)で働かせる制度を作ることで、年金も70歳以降の支給とする動きを今後取るのは間違いありません。

ただ体調の問題もあり働けない人も出てくると思いますので、若い内に備えをしておくのが得策だと思います。

2021年の資産運用のために年始にやっておくべき5つのこと 皆さまはどのような年末年始をお過ごしでしょうか。 年末年始は新年...

中古ワンルームマンション不動産投資の資料請求はこちらバナーからどうぞ

私が都市部中古ワンルームマンション不動産投資で利用させていただいている、株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)をご紹介します。

同社は不動産テックの最前線企業で、非対面による各種オンラインサービスを中心とした革新的なサービスを提供しています。(マザーズ上場)

宜しければ一度資料請求をして、新型コロナで自粛している中で知識を得るのも良いと思います。まずは一歩踏み出しましょう。

しつこい営業などは全くない、マザーズ上場の優良企業です。

サラリーマンがマンション経営で年収UP!【DVDプレゼント中】

資料請求は無料ですので、まず一歩踏み出してみてください。

<ブログランキングに参加しています・応援お願い致します>

 サラリーマン投資家ランキング にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。