氷河期世代 40代平均の資産額とは 全世代平均と比べて

氷河期世代 40代平均の資産額とは 全世代平均と比べて

私と同じ40代の平均資産額はいくらくらいなのでしょうか。

40代前半から後半までの世代は、氷河期世代と言われる世代、団塊世代ジュニアと言われる世代、失われた世代など色々言われます。

一般的なサラリーマンの金融資産平均はいくらくらいなのでしょうか。

ブログランキングに参加しています。応援お願い致します。

(以下バナーをクリックいただけると励みになります)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング

40代の金融資産の平均額について

そんな40代の金融資産の平均額は色々な統計はありますが、600万円前後のようですね。

40代と言うと、マイホーム購入が終わり、子育ても高校生から大学生に差し掛かりとてもお金がかかる世代なのだと思います。

私が東京の中古ワンルーム投資で自由な人生を手に入れた方法 新型コロナウイルスの感染拡大により世の中は一変しました。 各都市圏において...

全世代平均は1000万円前後のようですので、やはり40代はお金のかかる世代なのでしょうか。

最も金融資産の平均額が高いのが退職金をもらった直後の60代のようですね。

まとめ

きちんと老後へ向け、金融リテラシーを高めていかないといけませんね。。。

私の自己紹介はこちら。

40代の資産運用 (ブログを始めます) 当ブログでは40代のサラリーマンがお小遣いをどこまで運用やポイントサイト、日々の節約により増やせるか?について、徒然無いままに日記形式で公開して行きたいと思います。「40代の資産運用(Asset management in the 40's)」2018年2月7日時点のプロフィール、ブログ開設した動機、資産状況について公開させていただきます。

ご購読ありがとうございました。

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。