クリスマスプレゼント 「株式会社GA technologies」の好決算

クリスマスプレゼント 「株式会社GA technologies」の好決算

皆さん今年のクリスマスはどのように過ごされる予定でしょうか。

私は自宅でこじんまりと過ごそうと思っています。

と言っても、毎年何処かへ繰り出すこともなく、自宅で妻と過ごすのが日課です。

最近はお互いの両親と過ごすことも多くなって来ました。

さて、私に嬉しいクリスマスプレゼントがありましたのでご紹介します。

株主の皆さまへ by 株式会社GA technologies -ジーエーテクノロジーズ( 3491 )

私が株式投資、不動産投資でパートナーとなっている「株式会社GA technologies -ジーエーテクノロジーズ( 3491 )」が決算を発表し素晴らしい実績と今後の展望を示されていました。

特に私が「株式会社GA technologies -ジーエーテクノロジーズ( 3491 )」が成長する企業だと確信しているのは「株主の皆さまへの手紙」です。
宜しければ、以下抜粋させていただきましたのでご覧ください。

株主の皆さまには、日頃より当社の活動にご理解とご支援をいただき、誠にありがとうございます。皆さまのお力 添えにより、無事に第8期(2020 年 10月期)通期決算を終えることができました。この機会をお借りして皆さ まへの感謝を申し上げますと共に、改めて私の考えと思いについてお話させていただきます。

【第 8 期(2020 年 10 月期)を振り返って】

2020 年は新型コロナウイルス感染症の世界的流行(以下、コロナ禍)という、我々の事業計画が大きく狂う出来 事がありました。第8期スタート時に海外事業部を立ち上げ、私自身が責任者となり 2019 年 11 月~2020 年 2 月 に海外事業の芽を探しまわっていました。国内事業もまだまだ伸びる余地があり、戦っていかなければいけない タイミングでなぜ海外チャレンジだったのか。それは、我々のビジョンは『世界のトップ企業を創る。』であり、 グローバル企業のほとんどが創業 20 年で世界的な企業になっているからです。我々は創業 10 年で国内マーケッ トの基盤を固め、10 年目以降は海外にチャレンジし、20 年目までにはグローバルな企業になることを目指してい ます。そのステップとして、第8期は海外事業への足掛かりを作る年でした。計画では 2020 年 5 月頃からタイ、 中国などアジアで事業をスタートさせる予定でありましたが、コロナ禍により計画変更を余儀なくされました。

人生や会社経営には、「下り坂」「上り坂」「まさか」があると言われています。その「まさか」が今年起こりまし た。「まさか」が起きたタイミングは決して喜べる状況ではありませんが、歴史を振り返っても「まさか」の後に パラダイムシフトが起こり、有事の時にヒーローとなる企業が生まれています。海外事業の進捗は遅れましたが、 そのタイミングで今回 M&A をした神居秒算とも出会い、逆に国内の事業に目を向ける時間ができました。今一 度国内に目を向け事業を見直したところ、やるべきことが沢山あり、今まで見えていなかったチャンスにも出会 いました。マイナスの出来事でも全てチャンスに変える、変化に対応できる強さこそ、ベンチャー企業である我々 の最大の強みだと改めて感じました。

我々は 2013 年の創業時から一貫して、「リアル × テック」を追求し、テクノロジーに莫大な投資をしてきました。 Netflix や Zoom といったストリーミングサービスやオンラインミーティングツールなどのネット完結型の企業が コロナ禍において伸びたのは皆さまもご存知かと思います。しかし、我々が推し進めてきたのは、ネット完結型 ではなく、リアル産業にテクノロジーを導入することです。日本の産業の多くが小売、サービス、不動産などの リアル産業であり、上場企業のうち、約 3 割が今回のコロナ禍において業績の下方修正※注を出しました。その ような中、GA テクノロジーズグループは第8期の期初予算である売上高 550 億円、営業利益 18 億円を、期中に 売上高 610 億円に上方修正し、結果達成いたしました。

1 売上高:【7 期】392 億円→【8 期】630 億円(YoY:60.5%UP) 営業利益:【7 期】11.9 億円→【8 期】18.8 億円(YoY:58.3%UP)
2 RENOSY 会員数:【7 期】59,323 人→【8 期】98,058 人(YoY:65%UP)
3 イタンジ電子申込導入社数:【7 期】77 社→【8 期】414 社(YoY:438%UP)

このように、各 KPI も順調に伸びました。

【創業から一貫した 3 つの取り組み】

創業時から一貫して、リアル × テックを追求してきた結果、他のリアル産業が下方修正をする中で、上方修正し 予算達成を実現しました。第8期のコロナ禍における予算達成は「ローマは一日にして成らず」であり、創業か ら我々が行ってきた 3 つの取り組みによる所が大きいです。

1 つ目はテクノロジーへの投資です。 一般的な不動産会社は不動産売買で得た収益を土地の購入資金に使う場合がほとんどです。我々は、売買で得た 収益を全てテクノロジーに投資してきましたが「システム開発はコストがかかるので、エンジニアを内製化すべ きではない」「上がった収益は利益を取れる土地購入に当てるべきだ」と言われてきました。しかし、我々は一度 もブレずに上がった収益のほとんどをテクノロジーに投資してきました。それは、我々の経営理念が『テクノロジー × イノベーションで人々に感動を。』であり、テクノロジーに投資をしなければ、我々の存在意義はありません。 創業当初はエンジニアはおらず、プロダクトもありませんでした。創業から 7 年経った第8期はエンジニアが
154 人、プロダクトも 40 を数えるまでになりました。コロナ禍を背景に、テクノロジーへの投資をこの半年間し てきたわけではありません。創業から7年間ずっと投資してきたからこそ、今があります。これからもテクノロジー への投資は惜しみなくやっていきます。

2 つ目はリスクを取ってのチャレンジです。 第8期も高級賃貸のリーディングカンパニーであるモダンスタンダードの他、神居秒算という中華圏最大のイン バウンド不動産投資プラットフォームを M&A いたしました。2018 年 7 月に上場してから既に 5 社の M&A を行っ ており、総額 50 億を超える投資を行ってきました。常に我々が意識していることは規模に合わせてリスクも大き く取ることです。リスクを取ることで失敗も沢山してきました。しかし、人生や会社経営において、チャレンジ や失敗をせずに大きな成果を出している人、会社はあるでしょうか。資本市場の絶対的な法則はリスクの大小と リターンの大小は必ずイコールになる。どれだけリスクを取れるかが大きな成功に繋がると考えています。もち ろん、無鉄砲にリスクを取るということではありません。矢継ぎ早の M&A を心配する声も聞かれますが、我々 は戦略的に M&A を行ってきました。

1提携不動産事業者の獲得 2ワンストップサービスの拡充 3優良顧客の獲得 4プラットフォーム強化 5既存事業強化

これら 5 つをベースにシナジーが確実に見込まれ、我々がわかる領域での M&A しか行ってきていません。そし て M&A を成功させる為、私自身が PMI(Post Merger Integration)に入ってきました。その結果、知見も溜 まり、再現性が生まれ、成功確率が高まりました。上場してから 2 ヶ月後に M&A をした理由があります。素早 く行動に移し M&A の PDCA を早く回したかったためです。なぜならば、M&A は難しく、慎重に行ってもその 多くは失敗します。そもそも失敗するのであれば、早く試して、問題を見つけて、修正した方が結果的に早くゴー ルに辿り着けるという考えがあるからです。失敗したとしても致命的でなければ何回でも立ち上がりやるだけで す。「成長に合わせて大きなリスクを取る」「勝率を極限まで高める」「まずは素早くやってみる」この 3 つの思考 こそが GA グループの強みです。

3 つ目は企業文化の形成です。
企業の文化は 1 日にしてなりません。日々行動の 45% は習慣からくるという研究結果があります。我々が掲げて いる行動指針は次の 5 つです。

WILL・PROFESSIONAL・WIN-X・HEART・GRIT

株主の皆さまからすると具体的、定量的な戦略の話が聞きたいと思われるかもしれません。しかし、有事の時こ そ目に見えない定性的な企業文化が重要だと再認識しましたので、あえて 3 つ目の取り組みに入れさせていただ きました。では、なぜ有事の時こそ企業文化なのか。人や会社はうまくいっていない時、ピンチの時に本当の自 分の本性がでます。上手くいっている時は誰でも前向きです。有事の時にいざ準備しても、試しても、人や会社 は動きません。なぜならばそういう習慣になっていないからです。人生や会社は良い時、悪い時が必ず来ます。 悪い時がきた時に頑張っても、いきなり習慣は変えられません。良かろうが、悪かろうが地道に文化を創り続け ることが何よりも重要です。

強い WILL を創業時から、ボードメンバー、創業メンバーが体現してきたので、コロナ禍という困難にも WILL を持って推し進めることが出来ました。WILL だけでなくそれ以外の行動指針についても同様です。人の集合体 が組織です。正しい戦略も強い組織の上でこそはじめて成功します。戦略を実行するのは人だからです。人が最 重要だからこそ、日々の行動を司る習慣が大切で、プラスの習慣の積み重ねが企業文化を形成し、有事の時に力 となるのです。

【不動産業界の変化】

不動産業界全体のことを少しお話させていただくと、コロナ禍によって変革が起こっています。今まではテクノ ロジーを使わなくても業務が出来ていましたが、コロナ禍によりテクノロジーを使っていかないと業務が出来な いという状況に変わりました。不動産業界の未来としては、以下の流れが来ています。

・店舗に行かずに直接物件を借りることができるセルフ内見 ・非対面での賃貸借・売買契約 ・分業制によりバラバラだった顧客体験がワンストップに繋がるシームレスな購入体験 ・クラウドファンディングによる世界の不動産の手軽な購入

・紙、FAX が主流の業務からペーパーレスにシフト

インターネットが普及して 20̃30 年。これらの世界観はネット普及時からイメージされていましたが、不動産業 界では変革が全く進んできませんでした。不動産業界が変わってこなかった理由は、トランザクションが極めて 少なく、顧客にリテラシーが溜まらないからです。引越しも生涯において平均 3 回、売買も一生に 1、2 回あるか ないかだからです。顧客にペイン(痛み)があり、そのペインが大きいからこそ、改善する為にイノベーション が生まれる。それが一般的にイノベーションの起こる順番ですが、不動産業界はトランザクションが少ないこと により、顧客のペインが大きくなりませんでした。そこに胡座をかき改善してこなかったというのが不動産業界 です。それが、コロナ禍により業務が出来なくなったことによって、やっと重い腰を上げる企業が増えました。

更に政府による不動産業務の DX 推進の後押しがあります。順番は逆ですが、結果的に不動産業界がコロナ禍を 契機に大きく変わろうとしています。我々は 2013 年からテクノロジーで業界を変革させる為にやってきました。 我々にとって業界の変革は事業を加速する上でこの上ないチャンスです。

【第 9 期(2021 年 10月期)の目標】

今期 RENOSY とモダンスタンダードのサイトを統合し、創業から推し進めている、賃貸、購入、売却、リノベー ション、投資、管理をワンストップでできる体制がプロダクトで出揃いました。リアル体制も整い、やっと戦え る体制になりました。我々のビジネスは Amazon が EC サイトを持ちつつ、物流施設を運営しているのと同じよ うに、サイトの運営だけではなく、我々自身が宅建免許を取得し、人というリアルエージェント(セールス)を 雇用し内製化しています。リアルオペレーションを持っていることで、スケールするのには時間はかかりますが、 一度リアルオペレーションを構築することができれば、高い競争優位性となります。第9期は以下の 3 つの目標 を掲げています。

1 つ目の目標は、RENOSY のワンストップ化の追求です。 サイトの統合に伴い、リアルオペレーションの組織もリブランディングし、例えばエージェントのユニフォーム をつくるなど世界観を統一します。Louis Vuitton や Apple のリアル店舗のようにウェブからリアルまでブラン ドを統一し、顧客体験の向上を目指します。また、従来は不動産サイトの運営事業者とサイトへ物件掲載をして いる不動産事業者が別会社になっていました。そのため、顧客体験の向上にサイト運営事業者が関与できず、顧 客体験の向上が進んできませんでした。そこを RENOSY がワンストップでサービス提供することで顧客体験の 圧倒的向上を実現します。

2 つ目の目標は、不動産業界の規制緩和の大本命である賃貸の電子申込、契約のシェア拡大です。 イタンジの電子申込で圧倒的シェアを取ります。日本には、500 戸以上の物件管理をしている管理会社が 2000~ 2500 社あると言われております。2021 年 12 月末までに管理会社 1000 社の獲得を目指し、来年度末には 50% の シェアを目標とします。この電子申込での圧倒的シェア獲得が電子契約に繋がります。さらに、電子申込で物件 数が増えれば増えるほど、業者間サイトの ITANDI BB のプレゼンスが上がり、イタンジが提供する C(消費者) 向け賃貸サイトの OHEYAGO の物件数も増えます。OHEYAGO は RENOSY と同じようにリアルオペレーショ ンが伴います。まだ課題が多いプロダクトですが、一度リアルオペレーションを構築出来れば、RENOSY と同じ ように高い競争優位性に繋がります。今は地道にサイトへの物件数を獲得している最中のため、時間はかかりま すが、必ずプロダクトマーケットフィットさせます。

3 つ目の目標は、12 万社の不動産会社の業務改善に貢献することです。 我々は自社の不動産取引だけを円滑にしていきたいわけではありません。不動産業界全体が変革しようとしてい るこのタイミングで、12 万社の不動産会社に対して貢献していきます。我々は 2013 年の創業時より実業を行い、 テクノロジーに膨大な投資をし、そして沢山の失敗を経験してきました。他の会社が同じ失敗をしないように我々 の持つプロダクトやサービスを提供していきます。12 万社の不動産会社は、賃貸仲介会社、管理会社、売買仲介 会社、投資用不動産販売会社、買取再販会社に分かれます。イタンジが「ITANDI BB」「ノマドクラウド」で賃 貸仲介会社、管理会社に貢献し、RENOSY X が「MORTGAGE GATEWAY by RENOSY( モーゲージ ゲート ウェイ バイ リノシー )」「2 秒でブッカク!」「ブッケン SCAN !」で売買仲介会社、投資用不動産販売会社、買 取再販会社に貢献することで、GA グループで全ての不動産会社に貢献することを目指します。

有事の時の GA テクノロジーズグループの一致団結感ほど、心強いと思ったことはありません。GA テクノロジー ズグループのメンバーは日々世の中を変える為に、ハードワークをしています。働き方改革もありガムシャラに 働けばよいというわけではありませんが、しかし間違いなくメンバーの頑張りなしに第8期の業績達成はありえ ませんでした。本当に誇りに思います。イノベーションが起きて世の中が便利になる時、その裏側にはそれを実 現し、支えてきた会社や人々がいます。そして今度は GA テクノロジーズグループがイノベーションを起こして 世の中を便利にし、裏側を支える会社を目指していきます。

全てはお客様の為に。 お客様が我々の商品購入やサービス利用をしていただいているからこそ会社経営が成り立ちます。第 9 期も変わ らず、優先順位は顧客、社員、株主様です。

【最後に】

2020 年の 1 年はコロナ禍の影響により、弊社の株価も 50% 下落や 5 倍上昇などボラティリティが激しい年とな りました。株価 50% 下落にしても、5 倍上昇にしても、大事なことは「会社として地道に改善しているのか」「しっ かりと成長の為に投資をしているのか」「ボードやメンバーが顧客創造に努めているのか」です。株価に一気一憂 することなく我々は常に顧客に目を向けていなければなりません。決して、株主の皆さまを軽視しているわけで はなく、株価はコントロールできないためです。顧客に目を向けず短期的な視点のみであれば結果的に中長期に は成長できず株主の皆さまの期待に応えられなくなります。もちろん、より我々の取り組みを株主の皆さまに理 解していただけるように、情報開示は出来る限り積極的に実施いたします。第8期は通期で 97 本のプレスリリー スを出しました。上場企業の平均リリース本数と比較すると 5 倍は出しております。引き続き株主様に事業を理 解していただけるように努めてまいります。株主の皆さまや投資家の皆さまに中長期で応援していただけるよう 今後も小さく纏まらず、大きくチャレンジし、更なる大きな成果を目指します。

経営理念:『テクノロジー × イノベーションで人々に感動を。』 ビジョン:『世界のトップ企業を創る。』

大きな理念、ビジョンに向かって第9期も社員一同頑張ります。
引き続きご支援よろしくお願いします。
( 注 ) 帝国データバンク「新型コロナウイルスの影響による上場企業の業績修正動向調査(2020 年 8 月 31 日時 点)」(https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p200902.pdf)

2020 年 12 月 15 日 代表取締役社長 CEO

page1image3771004224

いかがでしょうか。

リーダーが企業の成長を決め、周囲にはリーダーの理念に賛同し優秀な仲間が集まるのだと思います。

とても楽しみな企業です。

宜しければ、同社について興味を持っていただければと思います。

祝!トリプルバガー達成 40代サラリーマンの株式投資 40代の資産運用と言うテーマでブログを更新させていただいています。 過...

同社はマザーズ上場のGAテクノロジーズ社で不動産投資を始めたことをきっかけに知ることとなりました。

新型コロナ禍でも成長が止まらない同社を知るためにまずは資料請求してみませんか。

とても勉強になります。

サラリーマンがマンション経営で年収UP!【DVDプレゼント中】

参考になれば幸いです。

ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。

(以下バナーをクリックいただけると励みになります)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング

投資に悩んだらこちら!ロボアドバイザーのウェルスナビです

私がFX投資で大失敗をし絶望の中見付けた、地味ですが確実に資産を増やせている自動積立投資サービスです。

当ブログでも運用状況を公表していますので宜しければご覧ください。

今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」

ブログランキングに参加しています。応援お願い致します。

(以下バナーをクリックいただけると励みになります)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。