日経新聞を無料で読む方法 証券会社のサービス活用

日経新聞を無料で読む方法 証券会社のサービス活用

新型コロナウイルスの感染拡大が収まりません。

東京アラートが発令され、各企業の計画がまた狂いました。皆

情報を収集する意味でも重要な情報源が新聞ですね。

私も仕事柄、日経新聞を毎日読んでいます。

更に地方新聞も読まないと地域のことをタイムリーに把握できず、営業機会を喪失してしまう可能性があります。

また、新聞を読むことにより、社会人として必要な知識を得なければならないと考えています。
ただ、日経新聞の購読や地方新聞の購読については一定の費用がかかってしまうのがネックです。
日経新聞電子版は毎月4,200円かかります。
年間にすると、50,400円です。サラリーマン人生を40年とすると50,400×40年=2,016,000円です。
車一台買えてしまいますよね。

実は、私は日経新聞を長らく取っていません。
何故かというと、パソコンやスマホから日経新聞を無料で読めるサービスを活用しているからです。
また、実は日経新聞だけでなく、日経産業新聞も読めてしまうんですよ。
皆さんは日経テレコンでご存知でしょうか?
http://telecom.nikkei.co.jp/price/

日経テレコンは、日本経済新聞社が提供するビジネス情報ツールです。

日本経済新聞を含む500を超える情報源から、最新ニュースや過去30年余りの記事、業界・

企業、人事・人物情報を簡単に検索することができるサービスです。

通常契約しようとすると、8,000円を超える費用がかかります。

ただ、それだけ情報が多く使い勝手の良いサービスなんですよね。

私はプライベートで当然ながら株式投資をしています。

口座をどこで持っているかと言うと、「丸三証券」です。

「丸三証券」では、投資家への情報提供サービスとして「日経テレコン」を無料で提供しています。

そうです、私は「丸三証券」の付帯サービスを活用することで、日経新聞を無料で毎日読んでいるのです。

これって凄いと思いませんか?

投資をするには、確かに経済の知識は必要となります。

それを付帯サービスにするとは、太っ腹だと思います。

日経新聞はスマホやPCで見ることができます。

それも、記事検索ができますので、企業名、地名、調べたいキーワードで検索することで過去1年間調べられます。

私は一通り、「記事見出し」をさらっと見て(新聞を見る時と同じです)、気になる記事は内容詳細を見ます。

ここで凄いのが、殆どの記事がPDFになっていることです。

携帯で気になる記事を見つけたら、会社のPCへPDFを送付し、印刷しストックすれば営業に活用できます。

更に、そこで入手した情報で勉強して、投資をすることで自身の資産を増やすことも可能です。

まさに一石二鳥ですよね。

宜しければ、試されては如何でしょうか?

今の世の中、毎月の手取りを4,200円増やすのは結構大変ですが、付帯サービスを活用すればある意味手取りを増やすことは可能です。

皆様のお役に立てれば幸いです。

<体調が気になる方が読む本>

 

どうでしょうか?

読めば読むほど、毎日の食事を考えさせられます。

宜しければ参考にしてください。

新型コロナウイルスの感染拡大がまた再燃しそうな世の中ですので体調を整えるようにしましょう。

<FXを始めるなら今です>

<ブログランキングに参加しています・応援お願い致します>

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村



<置くだけでwifi>

<動画視聴トライアル>

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。