新型コロナショック 香港株反発 ほぼ全面高 米株大幅高を好感

新型コロナショック 香港株反発 ほぼ全面高 米株大幅高を好感

27日の香港株式相場は反発して始まった。ハンセン指数の始値は前日に比べ416.07ポイント(1.78%)高の2万3768.41だった。26日の米株式市場でダウ工業株30種平均が約2週間ぶりの高値を付けるなど主要3指数が大幅に上昇しており、香港市場でも投資家が運用リスクの選好姿勢を強めた。ハンセン指数の構成銘柄はほぼ全面高で始まった。

新型コロナショック 米国株経営者の株買い大幅増 金融・財政政策も支えに 26日の米株式市場でダウ工業株30種平均は1カ月半ぶりに3日続伸し...

アジア保険のAIA、中国平安保険、中国建設銀行といった金融大手が買われ、相場を押し上げている。中国ネットサービスの騰訊控股(テンセント)、香港複合企業の長江和記実業、電動工具の創科実業が高い。

一方、マカオでカジノを運営する金沙中国は売りが先行した。買い一巡後にマカオカジノの銀河娯楽集団、乳製品の中国蒙牛乳業が下げに転じている。

ブログ村ランキングや人気ブログランキングトップへの出口はこちらになります。

ありがとうございました。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。