新型コロナショック 日経平均大引け続落 429円安 日銀ETF増額も方針に失望

新型コロナショック 日経平均大引け続落 429円安 日銀ETF増額も方針に失望

16日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落し、前週末比429円01銭(2.46%)安の1万7002円04銭で終えた。2016年11月9日以来約3年4カ月ぶりの安値。日銀は16日に前倒しで開催した金融政策決定会合で上場投資信託(ETF)の買い入れ額を当面12兆円と倍増を決めた。これを受け、上げ幅は一時300円を超えたが、基本的な買い入れペースは従来通り6兆円ともしたため、徐々に取り組み姿勢に対する失望感が広がり、大引けにかけて売りがかさんだ。下げ幅は一時500円を超えた。

新型コロナ対策 FRBが1%緊急利下げ ゼロ金利に 量的緩和も再開 米連邦準備理事会(FRB)は15日、緊急の米連邦公開市場委員会(FOM...

朝方は前週末の米株高や日銀会合の前倒し開催の決定から買い先行となった。米連邦準備理事会(FRB)は15日(日本時間16日早朝)に緊急の大幅利下げを決めた。企業の資金繰りが改善するとの見方と景気の悪さを再確認させられたとの見方が交錯し、投資家の反応はまちまちだった。

東証1部の売買代金は概算で3兆3191億円(速報ベース)だった。

「日銀が買い支えることによって日本株の割高感が目立ち、むしろ外国人投資家の利益確定売りが増えるとの思惑が広がった」との声が聞かれた。

米連邦準備理事会(FRB)は米国時間15日(日本時間16日早朝)、緊急の連邦公開市場委員会(FOMC)を開催。ゼロ金利政策と量的緩和の再開を決めた。企業の資金繰りが改善するとの見方と景気の悪さを再確認させられたとの見方が交錯し、投資家の反応はまちまちだった。

新型コロナ対策 中銀の対策効果限定的 日本株は値動き荒い展開に 今週の日経平均株価は荒い値動きが続きそうだ。欧米各国で新型コロナウイルスの...

JPX日経インデックス400は4日続落し、終値は前週末比252.05ポイント(2.22%)安の1万1118.66だった。東証株価指数(TOPIX)は4日続落し、25.36ポイント(2.01%)安の1236.34で終えた。

東証1部の売買代金は概算で3兆3191億円。売買高は23億4569万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1098と、全体の約5割を占めた。値上がりは1019、変わらずは49だった。

ソフトバンクグループ(SBG)、東エレク、オリンパスが売られた。アステラスや京セラも安い。KDDI、中外薬、丸井Gは買われた。

参考になれば幸いです。

明日の日経平均上げる!と言う方はこちらのバナーをクリック。

明日も日経平均相場が改善しない、、と言う方はこちらのバナーをクリック!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。