来週のマーケット展望 円は動意薄 株は小動きか

来週のマーケット展望 円は動意薄 株は小動きか

来週(23~27日)の外国為替市場で円相場は動意薄の展開が見込まれる。欧米ではクリスマス休暇に入る市場参加者が多く、積極的な売買は手控えられる。米中貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱などを巡っては目先の材料が出尽くしたとの見方が広がっており、新たに持ち高を傾ける動きは限られるだろう。円の対ドル相場の値幅は今週(19日時点で42銭)程度にとどまるだろう。

同期間の東京株式市場で日経平均株価は小動きとなりそうだ。米中貿易摩擦が一服していることに加え、すでに外国人投資家の多くがクリスマス休暇入りしており、相場を動かす力は乏しい。ただ、米国では11月の新築住宅販売件数などの経済指標が発表される。市場予想を大きく上回る結果が出れば2020年の米経済に対する不透明感が後退し、薄商いのなかで日経平均株価は12月17日の年初来高値2万4066円に接近する場面もありそうだ。

お役に立てれば幸いです。ご購読ありがとうございました。

▼ 初めていない方は絶対損しています ▼

こちらから、旅行、ネットショッピング、投資関連の登録をするとかなりのポイントゲットできますよ♪若い方ほど長期運用できますのでお得!

※まずは登録してみましょう。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

宜しければ応援をお願い致します。

ランキング急上昇中です♪

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ

ホームページトップへ

お役に立てましたら、応援お願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。